理事長の挨拶                       

                         宇山 渉


 

   千倉水産加工開発協同組合は平成2年7月に中小企業等協同組合法に基づいて設立された事業協同組合です。
 創立以来集団給食素材促進事業を中心に事業を進め、特に学校給食では多獲性魚の供給を通し、学童の健康促進に努めてまいりました。

 昨今、水産食品業界も国際化、情報化が加速する中で大きく変動しています。

  技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とし (公財)国際研修協力機構の指導を受け平成9年より「外国人技能実習生受入れ事業」を実施し、外国人実習生の育成に努めています。
 今後、協同組合の諸機能を十分に活用し、組合員各位の事業の発展に寄与
し、ひいては地域産業の振興に役立つことができれば幸甚です。